晴れから下り坂のお天気、たまには雨がいい

新コロナウィルスが、世界中で猛威をふるっている。

 

そんな中、人間ではなく、種の世界でも問題がおこっている。

今年、種苗メーカーから、種の回収通知が相次いだ。

「発芽不良か?」

種は、発芽温度、湿度、光や空気など、最適な条件のもと

発芽試験が何度も繰り返されて、90%以上のものが、商品として市場にでる。

しかし、表示には85%以上という表示が多い。それだけ、発芽条件は厳しいのである。

それが、何かの原因で、発芽不良になるのだろうか。

あちこちのメーカーからの話を総合すると、こういうことらしい。

種に、病原菌が入り込んでいる。発芽はするが、成長に異常が出て、収穫に影響がある。病気が広まると、野菜の輸出が規制され農業経営が危なくなる。

その病気の名前は「ジャガイモやせいもウイロイド」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%82%84%E3%81%9B%E3%81%84%E3%82%82%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89

ナス科の野菜や、ダリアが感染するという。ジャガイモにいたっては、イモがしょうがのように固くなって、食べられないそうである。

 

では、なぜ、そんな病気が種に潜んだのか。

今、日本に流通している種は、ほとんどが海外産である。つまり、輸入品。

原種は日本で栽培しているが、交配して新しい品種として生産するためには、膨大な土地が必要になる。そこで、中国、アメリカ、タイ、南アフリカなどの土地が必要になる

それで種を収穫して、日本の農業は成り立っている。

 

種を輸入する段階で、検疫がある。 ところが、平成29年2月に輸入したピーマンの種から、「ジャガイモやせいもウィロイド」が検出された。種は、本来、輸出国が検疫して、大丈夫であるという検疫証明書を発行して、輸出するのである。が、発病が確認されたので、再検査したのだろう。

 

結果、平成28年以降輸入された3ロットに関して、「ジャガイモやせいもウィロイド」が検出されたので、種の回収が行われている、という話。

 

その種の輸入先が、中国。いや、いろんな考えや、妄想が頭の中を巡っている。

ふと、思ったのが、サボタージュという単語。

専門家じゃないから、うまく説明できないけれど。

 

ただ言えることは「ジャガイモやせいもウィロイド」の防除方法

植物から植物の直接接触で移るので、人間が媒介しないように気を付けること

(個体から個体へ触る前に消毒する)、自家採取しないこと。病体を見つけたら、焼却処分すること。

「ジャガイモやせいもウィロイド」は地中では生きられないけれど、種の中では生存できるらしい。

 

地球の生命体、まだまだ知らないものがあるんだな

 

曇り 雪が降る前の静けさ

種苗法が改正される。よいことだ。

https://www.jacom.or.jp/nousei/news/2019/12/191209-39857.php

 

新しい品種を作るのには、10年以上かかる。なぜなら、植物は

大体が1年に1度しか実をつけないからだ。交配と選別を繰り返しながら

ようやく、良質の特性と環境にあった品種ができる。

そうしてできた種を、誰がどうやって栽培し、収穫物を売るのか。

種はできたらおしまいではない。栽培し、収穫し、販売する。

栽培方法や環境によって、味や色や香りは違ってくる。産地では、そういった努力を

重ねてブランド化するのだ。それを、だ。名前を変えて、別物と偽って売られている

とすれば、許されることではないだろう。

知的財産権が保護されるのと同じことだ。

http://nou-ledge.com/2018/06/08/180608_seed2/

日本のアニメが、世界に評価されたように、日本の農業もブランド化されてほしい。

海外の真似をしたところで、大陸と島国では環境が違いすぎるではないか。

が、個人や小規模農家だけがどう頑張っても、難しいところではある。

農業だけでは食べていけない。高齢農業従事者は、離農していく。

耕作放棄地だけが増えていく。

他人事じゃない。うちがそうなんだから。田圃は貸してるけれど、

畑は、わたしひとりじゃ手に負えない。会社勤めもしてるし。

さて、今年はダンナが定年退職するらしいが、どうすんだろ

晴れ そして寒い

忘備録として

気になった記事があったので、調べた

「パンにグリホサート残留」

http://earlybirds.ddo.jp/bunseki/report/agr/glyphosate/wheat_bread_1st/index.html

グリホサートとは除草剤の成分

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000168500.pdf

で、使用方法としては、種をまく前や、作物にかからないところに

飛散しない方法で撒くのが基本中の基本。で、メーカーの説明によれば

土に落ちれば、すぐ分解して不活性化するという。だから、なぜ小麦の中に

残留していたのか、疑問だった

https://www.zyr.co.jp/komugi/glyphosate.html

収穫前の小麦に直接散布だ!!?

使い方、間違ってるだろう

で、そのグリホサートが発がん性物質だったとして、騒がれている

https://news.yahoo.co.jp/byline/inosehijiri/20190725-00135499/

https://www.afpbb.com/articles/-/3223305

https://www.roundupjp.com/information/pdf/info201901_1.pdf

https://agri-biz.jp/item/detail/4965?item_type=1

https://www.jaif.or.jp/crm_1909

無農薬に有機栽培は消費者にとってはいいことだ。が、そのリスクを背負うのは

全部農家である。ドイツの農民のデモがその姿だ

https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201911/CK2019112902000125.html

 

真冬に、キュウリやトマトが売られていることに疑問をもたなければ、

環境問題うんぬんを語る資格はない と思う

昨日の雨が嘘のように晴れ

仕事が忙しいというほどではないのだが、朝の目覚めがよろしくない。

玉ねぎ苗の不足に、連日の問い合わせが膨大。

今日は、小学校の就学児健診のため、6年以外の学年は早帰り。孫と三女と一緒に、トミカランドへ。
プラレールとミニカーで遊んでる。

ボールプールで、若いお父さんが何かを落としたらしく、探しまわっている。さて、時間までに見つかるか?

大人二人、子ども一人で90分3900円。高いのか安いのかわからんが

あ、お父さんが自分の携帯発見。よかったね

とっておきの晴れ

仕事
あいかわず、ラベルの付け替え作業。合間に接客。
雨が多く、気温が高いせいか、玉ねぎ苗の売れ具合がよろしくない。
まあ、まだ早いのも確かなんだが

今年の台風被害も含めて、農産物の生産はどうなるんだろうか

弘前の空は晴れだった

10月20日日曜日
父の三回忌

予定当初、お坊さんは呼ばずにやるはずだった。ところが、間近になって、母が「お坊さんを呼びたい」と言い出したらしい。弟からは、手配したと、連絡があった。

当日、どこのお坊さんが来るのか尋ねると
「お坊さん便で、頼んだから」
え? なにそれ?
インターネットで頼んだらしい。それ、本当に来るの? 怪しくない?

もし、騙されていて、来なかったのなら、それはそれでいい。支払ったお金は、お布施と思えばいい。弟と母の考えはそうだった。

が、そのお金がテロリストや、某団体の運営資金になってたら、どうすんだ。

そんな心配をよそに、時間通りの、お坊さんは来た。父の実家が檀家となっていた宗派とは違うお坊さんではあったが、丁寧な対応のをしていただいた。

とても、若いお坊さん。13歳で出家して、修行をし、自分で新しくお寺を建てて、口説いているという。
お経は、まるで、ライブのよう。説法も、リーディングのよう。

へたすりゃ、マインドコントロールされかねない手法だな

それはさておき、丁寧に拝んでもらい、母も満足して、法要は終わった。

父の墓がある墓地公園から眺めた岩木山の姿は、うっすらと秋の気配をまとっていた。今年は、暖かかったから、紅葉が遅い

f:id:kazedayori:20191023211653j:plain

台風19号が去って1週間

未曾有の台風被害のニュースが流れている本日

無事、還暦を迎えた。

何の感慨もないが、とりあえず節目ということで、いろいろ考えた。

また、日記をつけよう。yahooブログが閉鎖されるというので、前から登録してあった、はてなブログに移行したのを機に。はてなブログも、はてなダイアリーから、移されたものだけれど。

設定が、きちんとできていないが、スマホから投稿できるのを、よしとしよう。